越谷市 浄山寺に鷹狩り姿の徳川家康公の銅像建立
2011年11月2日 水曜日 銅像

越谷市 浄山寺に鷹狩り姿の徳川家康公の銅像建立
天正19年(1591)徳川家康が関東入国の時、寺領として300石を寄進したのですが、住職は過分だと辞退。それで家康は懐紙を取り出して、高三石と記して住職に与えたんです。このために家康の朱印状を「鼻紙朱印状」と呼んだと伝えられているそうです。このお寺には二代秀忠を除き、代々のご朱印状が保存されているんです。浄山寺は、貞観2年(860)慈覚大師によって建立されました。

法然上人・勢至丸さまの銅像〔日展審査員作〕
2011年10月23日 日曜日 銅像

「法然上人像の制作にあたって」このたび(有)田畑功彫刻研究所では、「よう参られた」と声をかけてくれそうな心の温かい優しい法然上人像を制作させて頂きました。

銘板、台座(御影石)基礎から設置まで格安で真心をもって全国お届けします。

価格(日展審査員・田畑功作)台座、銘板含みません。

法然上人銅像 4尺〔125㎝×40㎝×30㎝〕 125万円

/////////////5尺〔155㎝×55㎝×40㎝〕 155万円

/////////////6尺〔180㎝×65㎝×50㎝〕 225万円

価格(日展審査員・田畑功作)

勢至丸さま銅像2尺〔60㎝×80㎝×50㎝〕85万円〔銘板付き〕

価格は、銘板、消費税込です。新たに製作する事も可能、ご相談下さい。ご依頼は、(有)田畑功彫刻研究所 担当 田畑0766-25-3625     E-mail :info@habiro-art.com